明治維新後、続々と導入された欧米の先進技術の一つに、フラックス(リネンの原料となる植物)の栽培と紡績技術がありました。明治期の著名な実業家、帝国繊維の創立者である安田善次郎翁は国内で自給自足可能な繊維資源となったリネンに着目し、国家規模の基幹産業に育てようと試みます。氏の尽力によって、明治40年(1907)、帝国繊維の前身である帝国製麻が誕生すると、時代の要請を受けたリネン産業と帝国製麻は急速な発展を遂げていきます。

帝国製麻は戦前の陸軍、海軍の需要に応じて帆布、軍服等を生産し、消防ホース、郵便用郵袋、鉄道貨車の幌などを供給して社会を支え、また衣類や生活雑貨などを供給して市民生活を豊かにしました。宮中における晩餐会のテーブルには、当時も今も当社が納入するリネン製品が使用されています。

戦後は、繊維産業自体が天然繊維から化合繊へシフトしたこともあって、しばらく苦難の道を歩みましたが、現在の帝国繊維は防災事業を中核としつつも、祖業であるリネン事業を今なお継承し続けています。

帝国繊維はその創業から現在まで1世紀以上、日本のリネンとともにあり続ける日本の麻産業のパイオニアです。歴史の中で培った技術・知識を活かし、いまも変わらぬ麻への情熱をもって、世界各地の優れたリネンとその製品を日本の皆様にご紹介して参ります。